Androidスマホで小説を書くためのおすすめアプリまとめ【随時更新】

Androidスマホで小説を書きたいという人が増えています。でもAndroid端末で小説を書きたいけど、たくさんあるアプリの中からどれを選べばいいか分からない、ということはありませんか。

この記事では、ぼくがおすすめする「Androidスマホ・タブレットで小説を書くのに使えるアプリ」をいくつか紹介させてください。

スポンサード

【1】Writer(とにかくシンプルに小説を書きたい人に)

unnamed-2
unnamed

まずWriterというAndroidアプリには「設定」がありません。それだけシンプルな文章作成アプリなんです。設定する必要がないので、Google Playストアからインストールしたらアプリを立ち上げて小説を書くだけ。

お使いのAndroidスマホ・タブレットにテキストが保存されるので、Androidスマホ・タブレット「だけ」で小説を書きたい人におすすめです。

Writer

Writer
開発元:James McMinn
無料
posted with アプリーチ

 

【2】Evernote(小説を書くためのプロットや資料まで一元管理)

unnamed-3
unnamed-4

Evernoteはクラウド方式の「メモアプリ」です。通常のテキストだけでなく、文章を太字にしたり、箇条書きやチェックボックスをつけたりもできます。さらに「写真」をEvernoteに貼っておくことや、手書きでのメモにも対応しています。

またEvernoteは使う端末を選びません。iPhoneを始めとしてiPadではもちろん、Android端末や、Windows、Macでもお使いいただけます。ただしEvernoteの「無料プラン」では、利用できる端末の台数に制限があるので、ご注意ください。

Evernoteは「文章を書くだけのアプリ」ではないので、小説を書くだけでなく、小説を書くためのプロットや資料までをもEvernoteで一元管理できるので、執筆環境がシンプルになります。

唯一の弱点は「メモが増えてくると動作が重くなる」という点。それでも多くの人に使われているのは、その弱点を打ち消してなお余りのあるEvernoteの魅力があればこそのことです。

Evernote - あらゆる情報をまとめて記憶

Evernote – あらゆる情報をまとめて記憶
無料
posted with アプリーチ

 

【3】Simplenote(その名に恥じぬシンプルなノート)

unnamed
unnamed-2

Simplenoteは「Evernote」と同様に「クラウドメモアプリ」です。Evernoteが「文章だけでなく画像なども保存できる」のに対して、Simplenoteは「文章だけ」しか保存することができません。

しかし機能を絞っているからこそ、文章作成に特化しているため文章を書きやすい文章しか保存しないので動作が軽いなどの利点があります。

Simplenote

Simplenote
開発元:Automattic, Inc
無料
posted with アプリーチ

 

【4】Jota+ Pro(最強Android小説執筆アプリ)

unnamed-5
unnamed-6

Jota+と書いて「イオタプラス」と読みます。イオタプラスエディタです。Androidスマホやタブレットで使える小説を書くアプリとして、ぼくはこのアプリが「最強」だと考えます。超おすすめです。

ただし、ぼくが「おすすめ」しているのは無料の「Jota+」ではなく「Jota+ Pro」という有料版です。無料版では広告が出る上に一部機能に制限があります。

Pro版は「Jota+ Proキー」という形でもうひとつ別の有料アプリをインストールする必要があります。ぼくが始めてお金を出して購入したAndroidアプリです。

Jota+★PRO-KEY

Jota+★PRO-KEY
¥648
posted with アプリーチ

通常の「Jota+」は無料で使うことができるので、まず無料版をインストールして使ってみて、どんなものかよく確かめてからProキーを購入してください。

「Jota+」はパソコンのテキストエディタとほぼ同等の機能を持っています。「Undo」や「Redo」簡単にできるし、特定の文字を文書内から検索することなども可能です。

Jota+ (Text Editor)

Jota+ (Text Editor)
無料
posted with アプリーチ

 

【5】JotterPad:テキストエディタ(クラウド連携できて使いやすい)

unnamed-3
unnamed-4

【4】で紹介した「Jota+ Pro」でもできますがJotterPadは「クラウドストレージ連携」に対応しているので、AndroidスマホやAndroidタブレットでも、パソコンでも小説を書く人にうってつけです。

またJotterPadはGoogle Playのページでも「小説や客脚本を書くのに最適です」と書いてあるとおり、小説を書く人にとって嬉しい機能が充実しています。UndoとRedoはさることながら、タイプライタースクロールも使えるんです。

タイプライタースクロールを使うと、文章を書いても書いても「ディスプレイ中央に」文章が入力されます。だから目線を動かさずに淡々と文章を書けるんです。

小説を書くためのアプリやソフトでは、文章を書けば書くほど「ディスプレイの下の方」に文章が追加されていきます。そのため書いている人は文章を書きながら目線を「下げて」いかなければなりません。タイプライタースクロールがあると、これが解消されるんです。

JotterPad : テキストエディタ

JotterPad : テキストエディタ
無料
posted with アプリーチ

記事内のスクリーンショットはすべて「Google Play」から出典したものです。

 

小説を書くなら「パソコン」を手に入れましょう。

MBA-書いている

ここまで「小説を書くためのiPhoneアプリ」を紹介してきました。ここへ来て元も子もないことを書きますが、小説の執筆にもっともよい環境は「パソコン」です。学生だからお金がないというような理由がない限りは、小説を書くためにパソコンを手に入れたほうがいいです。

近年では「安いノートパソコン」が各社から販売されています。安物でもまったく問題ないので、ちゃんとしたものが書きたいという人はパソコンの購入をおすすめします。

小説を書くのに適したパソコンを選ぶ3つのポイント

2016.07.31

その文章力でお金を稼いでみませんか?【PR】

あなたのライティングスキルを活かして「ライター」になってみませんか? 在宅で1記事1,000円からの高単価です。下のリンクから今すぐ始めることができますよ。

更新情報はここから!

広告

感想をシェアしよう!

7 件のコメント

  •  ドキュメント横書きを使って、スマホ小説を書き上げたが、別の投稿サイトでファイル送れと(txtにして)とあったのでドライブ連携で、PDF文章にして移転しようとし、空になりかけた。

  •  スマホで小説投稿は難しい、投稿サイトに登録しようとするが、手続きでパスわード忘れたり間違たりして、後一歩というところで断念する。また登録しても1から書きにくい。

  •  スマホで小説書きだい人は、あくまでスマホで書きたいのである。パソコンあるなら大手出版元に、直接応募しているだろう。それとも自信が無いので勉強為、試しにサイトに投稿かな? 

  •  スマホやパソコンの操作で、ちょっとしたことが解らずに、店に聞くが専門外のアプリなので、応えしかねると解らずじまいで悩む。投稿サイトの事でも同じく誰にも聞けなく悩むのだ。

  •  スマホのドキュメントで、小説書いた。読んでいると電池切れたのだ。充電満タンだったのに、ページ数解らすだがかなりの長編小説に、なったかなと思う。操作ミス多く投稿は苦手だ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です