小説を書くのに適したパソコンを選ぶ3つのポイント

「小説を書くためのパソコン」は普段使いのパソコンとは「パソコンを選ぶポイント」が違います。小説を書くためのパソコンを選ぶときには「3つのポイント」があるんです。

  1. ノートパソコンであること
  2. 価格が安いこと
  3. Windows PCであること

その人によって異なるとは思いますが、ぼくは以上「3つのポイント」を満たしているパソコンが「小説を書くためのパソコン」としてふさわしいと考えています。

スポンサード

小説を書くのに適したパソコンを選ぶ3つのポイント

s_photo-1420310414923-bf3651a89816

【小説を書くのに適したパソコン3つのポイント】

  1. ノートパソコンであること
  2. 価格が安いこと
  3. Windows PCであること

ぼくは以上の「3つのポイント」を満たしているパソコンこそが、小説を書くのに適していると考えています。それぞれ見ていきましょう。

【1】ノートパソコンであること

小説を書く人に限らず、自宅のパソコンで「大事なファイル」を編集する人にとってもっとも恐ろしいことは「停電」です。幸いにして日本は停電の非常に少ない国ですが、パソコンを使っている最中に他の電化製品を使用した際に「アンペアブレーカー」が落ちてしまう可能性があります。

このとき「デスクトップパソコン」を使っている場合では、パソコン本体にバッテリが内蔵されていないため、停電を起こすと同時にパソコンの電源も切れてしまいます。そうすれば当然「小説を書いていたテキストデータ」も壊れてしまい、書き直しを余儀なくされます。考えたくもない大惨事です。

とくに「実家ぐらし」をしている「学生さん」などは、自分がブレーカーに気をつかっていても「家族の誰か」が別の家電を使い、不意にブレーカーが落ちることにより停電が起こる可能性もあります。

ですから「小説を書いているテキストデータ」の「バックアップ」を取ることは当然として、そのうえで、もしものために「バッテリ」の搭載されたノートパソコンを選びましょう。そうすれば停電が起こってしまったときも、パソコンがバッテリで駆動しつづけるので、慌てずにファイルを保存することができます。

【2】価格が安いこと

小説を書く「だけ」なのであれば、パソコンに「高いスペック」は不要です。それより恐ろしいのは「パソコンが壊れてしまう」こと。しかし、パソコンは機械ですから、どんなに優しく使っていてもいつかは壊れてしまいます。そしてその「いつか」はパソコンを使っている人間には分からないのです。

だから「高価で高スペックのパソコン」より「安価で最低限必要なスペックを持ったパソコン」を選択し、パソコンが壊れてしまったとき、すぐにパソコンを買い換えて小説の執筆を再開できるようにお金を貯めておきましょう。

10万円を出してパソコンを買うくらいなら「5万円」の安物でいいからパソコンを購入し、残りの「5万円」をパソコンが壊れてしまったときのために貯金しておく。小説を書く以外にもパソコンを使いたい場合は、財布の中身と相談してください。

現在販売されている新品パソコンであれば、どれを選んだとしても「ウェブ閲覧」や「音楽再生」や「動画サイトの視聴」などの用途には必要十分なスペックを備えているはずです。

小説を書く以外の用途として「動画の編集」や「3Dゲームのプレイ」などを想定している場合には、もっと高価なパソコンが必要となります。

【3】Windows PCであること

パソコンのOS(オペレーションシステム)には、主に「Windows」と「Mac OS」とという2種類があります。他にも最近では「Chrome OS」というものもありますが、パソコンのことをまったく知らないのであれば選択肢は「Windows」の一択です。

「Mac OS」や「Chrome OS」でも小説を書くことは可能ですが、3種のOSのなかでは「Windows」がもっとも広く使われているので、操作方法など何か分からないことがあれば簡単にインターネットで調べて、問題を解決することができます。

また「Windows」は広く一般的に使われているOSなので「ソフトウェア」が充実しています。小説を書くには「Microsoft Word」に代表される「ワープロソフト」や、より動作が軽く扱いやすい「テキストエディタ」と呼ばれる文章作成用のソフトウェアが必要です。「Windows PC」なら「無料で」使うことのできる「ワープロソフト」や「テキストエディタ」も多く、好みのものを選ぶことができます。

小説を書く人におすすめのパソコンは?

osusume
  • ノートパソコンであること
  • 価格が安いこと
  • Windows PCであること

をすべて満たしていて、Amazonで手軽に購入でき、さらに信頼できるパソコンをいくつか紹介してこの記事を終わります。尚、ここに掲載するパソコンは「品切れ状況」などにより予告なく変更することがあります。これが良いというものがあれば、お早めに。

【1】Lenovo ideapad300【大画面で高コスパ】

けして「高いスペックではありません」が、小説を書くのに必要最低限のスペックを持っており2016年7月現在【4万円未満】で購入することのできる高コスパなノートパソコンです。本体サイズがちょっと大きくなってしまっても「大画面」でのびのびと小説を執筆したい人におすすめです。

【2】ASUS Transbook T100HA【タブレットとしても使える小型PC】

この製品には「Amazon限定」で「メモリが4GB」のモデルが販売されています。小説執筆用にこのパソコンを購入するのであれば「メモリ4GB」のAmazon限定モデルを「強く」おすすめします。上のリンクから飛んだら「4GBモデル」のページに移動できます。

こちらは2016年7月現在【4万円ちょっと】という価格。スペックはそう高くありませんが、タブレットとしても使えるというだけあり「薄型」です。小型で持ち運びがしやすいモデルをお探しの方はこちらが便利です。

【3】Dell Inspiron 14【もうちょっとスペックが欲しい人に】

小説を書くだけでなく「メインPCとして使えるパソコンが欲しい」という人はこちらの製品が「高コスパ」で良さそうです。CPUは「Core i5」で、メモリは「8GB」あり、保存領域は「1,000GB」の大容量。価格は2016年7月現在【75,000円】ほどです。小説を書くだけならこんなにスペックは入りませんが、小説を書くにしてもソフトウェアが「サクサク」動作するかというのは、けっこう大事だったりします。パソコンの動作に「サクサク感」を求める方には、これくらいの値段のパソコンがおすすめです。

【4】じっくりと自分でパソコンを選びたい人へ

じっくりと自分でパソコンを選びたいという人もいると思うので、比較的「安価でいて品質の高いパソコン」を製造しているメーカーのショップページへのリンクを貼って、この記事を終わります。

Lenovo(このリンクから移動すると「Web広告限定ストア」にアクセスできます)
ドスパラ(国内生産・国内サポートでPC初心者に優しい)

その文章力でお金を稼いでみませんか?【PR】

あなたのライティングスキルを活かして「ライター」になってみませんか? 在宅で1記事1,000円からの高単価です。下のリンクから今すぐ始めることができますよ。

更新情報はここから!

広告

感想をシェアしよう!

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です