小説の書き方の基本ルール4つ【小説を書く人必読】

小説の内容にはルールはありません。どんなものを書いてもそれが面白けば良いのです。しかし「小説の書き方」には「ルール」があります。

そして、

小説やラノベの新人賞に応募される作品のおよそ「80%」は「小説の書き方の基本ルールさえままならないものだ」と言われています。あなたの小説の書き方は大丈夫ですか?

小説の書き方の基本ルールについて、すでに知っている人も、この記事を読んでいま一度「小説の書き方の基本ルール」をおさらいしてみましょう。

小説の書き方の基本ルールは、大きく「4つ」あります。

スポンサード

小説の書き方の「4つ」の基本ルールとは?

unsplash-kitsune-3

小説の書き方には4つの「基本的なルール」があります。残念ながら小説やラノベの新人賞に応募される小説のうちおよそ「80%」は「小説の書き方の基本ルールさえままならないものだ」と言われています。きちんと小説の書き方の基本ルールを確認しましょう。

【1】段落の一字下げ

小説の書き方の基本ルール、ひとつめは「段落の一字下げ」です。段落が始まるときは最初の一文字目に「全角スペース」を入れて「一字下げ」します。

古典などの一部の作品では「段落の一字下げ」が行われていないものもありますが、現代小説では「段落の最初を一字下げる」のが一般的です。

【段落の一字下げについて】

  • 誤:太郎はハッとして我に返った。
  • 正: 太郎はハッとして我に返った。

段落の始めに「全角スペース」を入力して「一字下げ」を行うと、それだけで視認性が高まり小説がぐっと読みやすくなります。横書きでは「字下げ」の効果を実感しにくいので、ネット小説では「字下げを行わない」ということもあります。

【2】かぎかっこの扱いについて

こちらも一部の古典には該当しませんが、現代小説では「かぎかっこの『閉じ』の直前には『句読点』を置かない」のが一般的です。

【かぎかっこの「閉じ」の直前には「句読点」を置かない】

  • 誤:「おはよう。」
  • 正:「おはよう」

このように「かぎかっこの閉じ」の直前に「、」や「。」は不要です。かぎかっこの「閉じの直前」でなければ、自由に句読点を使えます。

【かぎかっこの「閉じ」の直前でなければ「句読点」が使える】

  • 「おはよう。調子はどう?」
  • 「おはよう、調子はどう?」

 

【3】記号の扱いについて

記号の「!」や「?」を使った直後には「全角スペース」をいれましょう。ただしこの「小説の書き方の基本ルール」には例外があります。それは「かぎかっこの『閉じ』の直前で記号を使った場合には『全角スペース』を入れない」ということです。

【記号を使った直後の例外について】

  • 誤:「なんだって?そんな馬鹿な! 」
  • 正:「なんだって? そんな馬鹿な!」

上のように、原則として記号を使ったらその直後に「全角スペース」を入れますが、それが「かぎかっこの閉じ」の直前である場合には全角スペースを入れません。

【4】「三点リーダ」と「ダッシュ」の扱いについて

小説ではしばしば「……」「――」のような記号が使われることがあります。これをそれぞれ「三点リーダ」と「ダッシュ」といいます。これらの記号を小説内で使うときには、必ず「2つ繋げて」入力してください。

【三点リーダとダッシュは「2つ繋げて」入力する】

  • 誤:「なんだと…、そんな馬鹿な―」
  • 正:「なんだと……、そんな馬鹿な――」

三点リーダやダッシュを効果的に使うとセリフに「メリハリ」や「抑揚」が出て、その現場の雰囲気をつくり出すことができます。ルールを守って正しく効果的に使いましょう。

さいごに

saigoni

以上が「小説の書き方の基本ルール」です。ネット小説やツイッター小説ではまた少し違ったルールもありますが、基本中の基本はこの4つです。小説やラノベを書く人は絶対に覚えておいてください。

その文章力でお金を稼いでみませんか?【PR】

あなたのライティングスキルを活かして「ライター」になってみませんか? 在宅で1記事1,000円からの高単価です。下のリンクから今すぐ始めることができますよ。

更新情報はここから!

広告

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です