小説やラノベを書く習慣を身につける3つの方法

MBA-書いている

どうも、黒井みなみ(@961373)です。
小説やラノベを書くことは大変です。小説やラノベを書くことは「非日常」の行為であり「産みの苦しみ」との戦い、すなわち「自分」との戦いです。

しかし辛くとも「毎日書くこと」が上達の近道であることは言うまでもありません。今回は「なかなか毎日書けない」というひとに向けて、小説やラノベを書くことを習慣にするための方法を紹介します。

スポンサード

1.小説やラノベを書く時間を決める

s_download

毎日「この時間ならできるかな」という時間帯があるはずです。それはだいたい「夜遅く」か「朝早く」だと思いますが。

そういう時間を「執筆時間」として「決めて」しまい、その時間だけは絶対に小説やラノベを書くようにします。

小説やラノベの「執筆」をしなくても、たとえば「お話を考える」とか「登場人物を掘り下げる」時間として使ってもいいでしょう。

とにかく「小説」や「小説に関すること」に触れる時間を作ってください。理想を言えば「3時間」くらい時間を作れるといいですね。

2.小説やラノベの模写をする

1569fece

「小説やラノベを書くための練習として模写はあまり効果がない」という意見を持つひとがいますが、ぼくはそうは思いません。

むしろ「文章が軽んじられる傾向にある現代小説」において「プロの文章」を体感することはとても大事なことだと感じます。

模写にはちょっとした「コツ」があります。まず模写を行う小説を決め、それをブックスタンドに立てておき、模写をするページを開いておく。そして小説やラノベの文章を「声に出しながらゆっくり」書き写していきます。

関連:小説やラノベの模写の効果的なやり方【小説を書く練習法】

 

模写ならば「オリジナルの小説やラノベを書く」よりもハードルが低いので、毎日つづけることが楽になるのではないでしょうか。

オリジナルの小説やラノベを書くことも重要ですが、まずは「小説に触れること」です。

3.ショートショート作品を書く

s_photo-1420310414923-bf3651a89816

「毎日やる」と決めるのにはちょっと勇気が必要となりますが、この方法は「有力」です。

ウェブツールなどを利用して「3つのお題」をもらい、それをもとにショートショートを書きましょう。落語の「三題噺」の要領です。

関連:三題噺お題ジェネレータ

これがもっとも効果的なやり方ですが、毎日行うのにはちょっとハードルが高いかもしれませんね。

3-1.三題噺お題ジェネレータの使い方

スクリーンショット_2015-08-04_10_02_57

まず【三題噺お題ジェネレータ】に移動します。つづいて「お題をもらう!」というボタンをクリックします。

スクリーンショット_2015-08-04_10_03_07

すると「3つのお題」がランダムで出てくるので、その3つのお題を使って「おおよそ原稿用紙20枚未満」のショートショートを書きます。

関連:ぼくがワナビに「hulu」をおすすめするたった1つの理由
関連:小説の書き方本のおすすめ15選!【ワナビ必読本】

その文章力でお金を稼いでみませんか?【PR】

あなたのライティングスキルを活かして「ライター」になってみませんか? 在宅で1記事1,000円からの高単価です。下のリンクから今すぐ始めることができますよ。

更新情報はここから!

広告

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です